So-net無料ブログ作成
検索選択
ヨメと遊ぶ ブログトップ
前の5件 | -

ヨメドラ_09.08.13_ウトロへ [ヨメと遊ぶ]

ヨメドラ ・・・ ヨメとドライブを略してみました。
ヨメがドラえもんに似ている訳では有りません。 ・・・ 似てない訳でも有りません。

今日はウトロへ向かって走ります。
ヨメはウトロの道の駅が見てみたいと言い、私はウトロ漁協婦人部食堂のラーメンが食べたい言う。
小雨をおしても向かうに十分な理由です。

12時を15分ほど回った頃に婦人部食堂に到着。 が、雨の中にもかかわらず行列が出来ています。
傘がないので並ばずに、時間を潰す為に道の駅へ

うとろ_道の駅01.jpg道の駅うとろ・シリエトク

外観が立派です。オホーツク圏で一番立派かもしれません。
世界遺産知床の玄関口にふさわしく ・・・・
と、どこかに書いてありましたが、まさにその通りですねぇ。

うとろ_道の駅02.jpg人でごった返しています。そお言えばお盆休みまっただ中。ドライブには向かない日を選んだようです。
レストランも予約で一杯です。そこでファーストフードコーナーで何か食べることにします。

空腹が続くと、私は弱気になり、ヨメは攻撃的になり、結果、夫婦のパワーバランスが崩れ、楽しくない時間を過ごすことになります。 さあ、食べましょう。

うとろ_道の駅03.jpgうとろ_道の駅04.jpg

北海道牛乳とはまなす&こけもも味の2色ソフト ¥330 と鮭クリームチーズバーガー ¥350

はまなす&こけもも味 美味しいです。 こちらの味一つで良いなぁ。 ハンバーガーもいけますよ。クリームチーズが鮭風味を押さえているわけですね。 道の駅の食べ物としてはレベル高いですねぇ。

漁協婦人部食堂01.jpg漁協婦人部食堂02.jpg

13時過ぎに婦人部食堂に向かいます。 並んでいたのは2組。今度は並びます。 満席の客のほとんどがラーメンを食べています。 ウトロの新鮮な海鮮メニューが自慢の筈がこんな状態。 不本意でしょう。

程なく席が空き、座ります。 注文は塩ラーメンと醤油ラーメン。 するとお店の方が申し訳なさそうに「スープが切れて出来ません」。

え〜〜〜!!

こんな時間でスープ切れ〜! ・・・・ あれだけ並んでいれば無くなるかぁ、仕方がない。 帰ります。

シャンポール01.jpg斜里町でシャンポールのパン を買って帰ります。 失意の帰還です。 せめてパンでも買って帰ります。

で、このパンは何ですか。

その名は「フライパン」 ・・・・確かに何かのフライが入っているパンですが、投げやりな命名です。

ついでに止別駅でラーメンを頂いて、帳尻を合わせて帰りました。


ヨメとドライブ_09.08.06 その2 こんな建物 [ヨメと遊ぶ]

ヨメとドライブ中に気になった建物

090806_01.jpg

オホーツク農業科学研究センター ・・です。 お城ではありません。
科学的手法にもとづいた農業技術の研究開発及び普及指導・教育の中核的施設として建てられた興部町役場の施設だそうです。

興部町の街中を走っていると丘の上に見え、気になって登ってみると町の施設でした。 民間のふざけた施設かと思ったのですが ・・・

090806_01_2.jpgライトアップ用の照明が設置されてます。 これで照らされたところも街から見てみたいですねぇ。

建物は街と海を見下ろす景色の良い場所にありました。


オホーツク農業科学研究センター 興部町字興部春日町

次はこれ。

090806_02.jpg

 上湧別町文化センターTOM

連続する円柱が迫力ある建物です。 
施設は漫画美術館 ・ 図書館 ・ 役場中湧別出張所 ・ 上湧別商工会 ・ バスターミナルが入った複合施設のようです。

ここの庭にはドイツで作った御影石製ボール(直径1m20cm重さ2.4トン)が水の表面張力作用で動くオブジェがあるそうです。 予備知識が無かったので見てませんが ・・・ (>_<)

上湧別町役場 文化センターtom 上湧別町字中湧別中

隣には道の駅があります。 この道の駅は、なんと温泉施設です。 ここ → チューリップの湯
ここも情報を持っていなかったのでお風呂を諦めました。 ドライブの際は車に風呂道具を積んでおこうと思います。

次いで、極めつけの建物はこれ。

090806_03.jpg

これ、何ですか。 これが何かの前に、この建物の図面書いたの誰ですか? イメージは太ったペンギンですか?

屯田歴史館

これも町立の建物だそうです。 屯田兵による北海道開拓の歴史を豊富な歴史資料や模型を用いわかりやすくご紹介している博物館とのことです。 

上湧別町チューリップ公園に隣接して建てられている物ですが、チューリップは時季はずれで、この建物だけが目立っていました。 迫力のある建物に拍手です。


最近の地方自治体の建物は凄いな~ と関心させられました。

 


ヨメとドライブ_09.08.06 その1 ノースプレインファーム [ヨメと遊ぶ]

8/6 木曜日
ヨメがラーメンに付き合うと言う。 
先週食べた3軒のラーメンは全てハズレで、傷心の私は二つ返事でそれに乗ったのです。
後にヨメはその時の私の状態を 「散歩に誘われた飼い犬のようだった」 と語るのでした。

正午出発で北見まで出かけ「はる吉」でラーメンを頂きます。 食べ終わり外に出ると天気が良い。 このまま帰るのも何なので、興部の「ノースプレインファーム」に行きたいとヨメが言う。 彼女の距離感覚はハチャメチャで、ちょっと寄っていきましょうと言う距離ではない。 が、良いでしょう、行きましょうと走り出し走行距離300㎞以上のドライブになりました。

網走 → 北見(はる吉_ラーメン) → 興部(ノースプレインファーム) → 紋別 → 遠軽(のぶりん_ラーメン) → 帰宅 

ノースプレインファーム01.jpg

ノースプレインファーム到着。 元祖生キャラメル の店です。 

興部の街をウロウロ見て回ったので、北見から2時間半ほどかかってます。

ノースプレインファーム02.jpg

生田原のノルディックファームより古い建物ですが雰囲気はこちらの方が良いですねぇ。
座って何か頂くことにします。

ノースプレインファーム03.jpg

私はキャラメルソースのかかったソフトクリームをヨメはコーヒーを頼みます。

濃くて美味しいソフトクリームですねぇ。ミルク臭いのは苦手ですが、これはいけます。

ノースプレインファーム04.jpg

メニューを見て気になった「ファームサンド」もいただいてみました。
思ったより、写真で見るより大きいです。 一人で食べるのであれば、昼食に間に合う大きさですねぇ。

ハムもチーズ自家製らしく、美味しいホットサンドです。

メニューにはスイーツや食事メニューがあり、おなかに余裕があれば食べたい物ばかりでした。

ノースプレインファーム05.jpg

今日のお持ち帰り品。
彼女はやはり牛乳を買ってますねぇ。

この牛乳、濃くて美味しいとのことです。(私は飲まない)
蓋の裏に脂肪が付いてるほどで、トロっと甘いらしいです。

私はプリンを頂きました。 クリームのようなプリンで、美味しいです。

製品は北見でも購入できるのですが、本店まで行って良かった。 近くに来たらまた寄りたいお店でした。

 

ノースプレインファーム  紋別郡興部町字北興116-2

 


travels_09.07.04_旭川 ~ 帰宅 [ヨメと遊ぶ]

ヨメと旅行 その5 旭川 ~ 帰宅

旅行記、長げ~~!! ちょっと飽き気味ですが、最後の一日を ・・・ 
(さっさと書かないから飽きる訳ですが)

さて、ヨメと旅行の最終日。
朝食は買い物公園でハンバーガーを頂きます。 あとは帰るだけですが、帰り道と言うことで 「旭山動物園」に寄ることになります。

090704_01.jpg

ここの駐車場は無料駐車場ですが、その駐車場に着くまでの間、誘導員が有料駐車場に車を入れるべく誘導しています。 近所に土地を持っている方の商売なのでしょうが、誘導員が制服を着ていて、思わず誘われそうになります。

週末の為か、大変な人出の動物園を歩きました。 以前の静かな動物園も良かったけど、噂通りの魅力的な展示に感心させられましたねぇ。 大好きな猛禽類も見せていただき満足です。

入場料:大人800円 のところ、シーズン券は1000円。
市営の動物園ならではの価格設定でしょうか。シーズン券がお安くなってますねぇ。 市民にはサービスで、近隣の住人には複数回通ってもらって街にお金を落としてもらいたい。 そんなところでしょうか。

動物園を出て、次男の案内で当麻町の「ピザハウス ココペリ」へ。 そこで昼食をとってから子供達と分かれ、私たちは網走に向け帰ることになります。

090704_02.jpg

途中で、ヨメのリクエストが入ります。 「ノルディックファーム」に寄って~! 牛乳飲む~!
で、ノルディックファームです。 ちょっと遠回りですが。

ヨメの話によると、ここの生キャラメルは北海道で3本の指に入るとのことです。 ●●牧場の物は10本の指にも入れたくないとの事です(え~と、こちらは私の意見です)。

私はソフトクリームを美味しく頂きましたが、先客が食べていたアイスクリームも美味しそうでしたねぇ。
ヨメは自分用に「半熟チーズケーキ」と「プリン」3種類を買い、今度こそ帰宅~。

翌日、プリンの写真を撮ろうと思ったのですが、すでに2種類食べられたあとでした。
プリンもチーズケーキもたいそう美味しかったらしく、また行きたいと言っていました。

ノルディックファーム 生田原本店  紋別郡遠軽町生田原伊吹17番地4

さて、今回、良い旅行をさせていただきました。 美味しくて楽しい旅行をさせてくれた子供達に感謝です。


travels_09.07.03_旭川へ [ヨメと遊ぶ]

ヨメと旅行 その4 ~旭川

小樽から札幌に入り義母の知人を訪ねる。 所用を済ませ三男に連絡を取る。 と、三男も休みなので旭川行きに参加するとの事。 移動するたびに参加人数が増えていく雪だるま式旅行です。 予定外ですが ・・

090703_01.jpg

人数が増えると意見がまとまらないので、昼食は旭川ラーメン村。 それぞれ好みの店に行く事になり、私とヨメは先日食べられなかった「天金」へ。

宿泊先は「ホテルクレッセント旭川」。
そこそこ立派なホテルです。 立派なので大浴場は別途1000円の料金がかかります。 ここでも宿泊人数の変更をお願いする。

090703_03.jpg

夕食までの時間を潰すために買い物公園へ。
閉店の決まった「丸井今井」に行ったりしたわけですが、その前にここ。

買い物公園で見付けた地ビールを飲ませてくれるお店です。
昼ビールにふさわしく屋根のない席もあり、岩内、小樽と地ビールを飲み比べした手前 後ろを見せる訳にはいきません。

090703_02.jpg

「大雪地ビール」のピルスナー(500円)を注文。

お味は ・・・ まぁ、癖もなく、普通に美味しいですねぇ。
味で岩内に、価格で小樽に負けている感は有りますが、美味しい昼ビールを頂きました。

そして夕食~

090703_04.jpg

090703_05.jpg

次男が予約してくれた「三光舎」で、すき焼き。  大好物です。
場所はホテルの真向かいで、歩かなくても良いように気遣いしてくれたのでしょう。 仕事を終えて次男が合流、かべちょろ一家勢揃い。 で、ヨメご満悦。
着物を着ている人はお店の方で、カメラ目線で数枚に写っていた)

さて、大変美味しく頂いたのですが、写真が無い。 ビールを頂いて、肉の写真を撮ったところまでは有るのですが、お店の方が肉を焼いてくれた途端に、食べるモードになってしまったようで ・・・
鍋がぐつぐつ言ってる写真が欲しかった。

一応、ここのすき焼きを説明すると、割り下が最初から鍋に入っているタイプで、運ばれてきた時に菜箸の先に丸められた店特製の味噌が付けられていて、それを溶かして隠し味 ・・・・・・・・

まぁ、美味しかった訳です。

「すき焼 三光舎」 (さんこうしゃ) 旭川市五条通9 緑橋通り  定休日/ 無休  


兎に角、満足、満足~! で、ヨメと旅行 その5に 続く~


前の5件 | - ヨメと遊ぶ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。