So-net無料ブログ作成

余計な事をして、酷い事になった。でも、懲りているかと言ったらそうでも無いポタリング。 [自転車で走った話]

5月22日 予報は曇りのち雨。
午後3時から雨が降り、雷警報のオマケ付き予報。
近場を走って午前中に帰ってくる のが良いのでしょうが、常呂方向の距離を伸ばそうと思い、2時起きで3時出発、目的地は 「道の駅サロマ湖」に決定 。 距離は120km程。
夜中に起きて走れるのか? って事がテーマかな。 ゆっくり遊んでも雨が降る前に帰ってくる自信も有りです。

目覚ましは律儀に2時を知らせる。
律儀で無いのは私の方で、時計を握ったままの姿勢で気が付いたのは3時10分。
2時って言ったら普段寝る時間ですからねぇ。
それでも3時35分に出発できたのは、朝食を抜いたため。 朝食って言ってもねぇ。夜中だし。

130522_IMG_0245薄暗い支庁前を出発。

130522_IMG_0246


朝の網走湖。
なにやら水鳥が大量に来ていますが、自転車を止めると全員で離れていくので正体は不明。
照れ屋な鳥です。

130522_IMG_0263
7:15-47km  佐呂間大橋の上から。

大橋と言うほど大きくない。 ・・・護岸工事がされていなければ良い川なのに、惜しい。
そして、やはり、水鳥は離れていく。

47km走ったのに、記憶がぼんやりしています。 寝てたのでしょうか。 写真もほとんど有りません。
6:10-32km  常呂のコンビニでスポーツドリンクとおにぎりを3個購入し、朝食に1個食べてます。 確か・・・。

130522_IMG_02647:50-54km 北勝水産直売所。

目的の道の駅の3km程手前でしょうか、ちょっと寄ってみました。
10分程商品をチェックして出ます。
品揃えが多い良いお店でした。 


この店を出て、道の駅へ向かうとすぐに「サロマ湖展望台入り口」の案内板を発見。
発見しても寄る事は無いのですが、引き寄せられるように入って行っちゃうんですよねぇ。
これが余計な事だったんですよ。 無理しちゃったんです。

130522_IMG_0276

案内板から入ってすぐに砂利道。
「浪速林道」だそうです。頂上まで6km程でしょうか。

この辺りは良いんですけどねぇ。
この先は走りづらい上に勾配が急になります。
漕いだり、歩いたりを繰り返しじわじわ登っていきますが、途中で膝が痛んで押し歩きが多くなります。
膝が痛んだところで引き返せば良いのですがねぇ。それが出来ません。

130522_IMG_0279

そろそろかと思ったところに「あと1km」の案内板。

大分やられてますが進みましょう。
この辺はもう全て歩きです。痛むので休み休み登ります。

130522_IMG_0283

10:06-60km 展望台駐車場。やっと着きました。

でもそこから、この階段です。
何処かに、200段有ると書いてありました。
林道の途中でサロマ湖を視ると、霞んでいてよく見えなかったので、別に上らなくても良いんですけど、折角なので・・・
展望台でラーメンを作ろうと思い、サドルバックと水を抱えて登るなんて正気じゃ無いなぁ。

130522_IMG_0291


立派な展望台です。無料の双眼鏡が3台設置されています。 ・・・何を見るのでしょうか。
そんな物覗かなくても良い景色が広がっていました。

130522_IMG_0293


サロマ湖は、とても1枚には収まりません。 で、端っこだけご覧ください。 曇ってるしね。

展望台に着いて5分もしないうちに雨が降り出します。

早すぎるぞ、雨。

ラーメンを諦めて帰ります。

ところが、激痛のため、階段を降りられません。(>_<)
登りは何とかなったのに、下りはいけません。痛んだ左足を右足が追い越そうとすると激痛が走ります。
あたりまえ体操が成立していません。登りで激痛の場合、登るのを止めれば良いのですが、下りで激痛の場合、何を止めると良いのでしょか。

結局、正常な二足歩行を止め、手摺りを松葉杖代わりに、だらしない格好で降りた次第です。

やっとの事で自転車にたどり着き、帰る準備をはじめます。
準備はまず、膝にサポーターを装着します。・・・装着したい。・・・あれがあれば何とか漕げる・・・・

が、有りません。サドルバックのどこにも有りません。家に忘れた様です。

60kmの距離、どうやって帰りましょうか。
絵に描いたような「途方に暮れる」をしばらく続けましたが、誰も助けてくれないので、帰ります。

ほとんど右足だけで漕いだ帰り道。それがどれだけ大変だったか書くと記事が倍の長さになるので書きません。が・・・・・大変でした。 17:30-122km 帰宅。

雨に降られ、膝が痛んだポタリングから三日経った土曜日に この記事を書いています。
膝の痛みは少し残っていて、階段をうまく降りられませんが、明日はどこへ行こうかと考えています。

明日は日曜日だし、天気も悪くない予報が出ています。
サポーターはバックに入れたし、バンテリンも買ってきました。
行きますよ~ きっと。  ・・・お馬鹿なオヤジです。





Tm 8:47 Dst 122.77 Av 13.9 Mx 42.0 Odo 251.8
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 5

jam

え?14時間ツーリングっすか!!
しかも60キロ先で途方に暮れるなんて

浪速林道良い感じですね~
解ります、解りますよ 余計な事と解っていても後戻りは出来ない

解りますよ~

で、また行っちゃうんですよね(笑
by jam (2013-05-26 09:06) 

かべちょろ

jamさん
14時間ツーリングですねぇ。
しかも14時間 耐久 ツーリングです。
結果、耐久性は日本人男子の平均を大きく下回っているって事です。(>_<)
でも、また行っちゃうんですねぇ。後戻りできない脇道へ ・・・

by かべちょろ (2013-05-26 21:42) 

ぼの

私のブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。
すみません、いつも[nice]しか押してなくてm(_ _)m。

サロマ湖、この壮大なパノラマは素晴らしいですね。
私もいつかは北海道を走ってみたいと思っています。
今後の参考にと、拝見させていただいております。
今のところは妄想で走ってみることに・・・(笑)。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
by ぼの (2013-05-27 02:06) 

アンプ犬

ひざ、壊しちゃったんですね(膝裏ですか?)。
まさに帰れなくなる事態の現実味が伝わってきます。
展望台からの景色、こういうのをリアルに見れるなら、(時間を掛けてでも)リベンジしたくなりますねぇ。
by アンプ犬 (2013-05-28 00:28) 

かべちょろ

みなさん
また、身内に不幸があって、自転車からもブログからも離れていました。
返事が遅れた事を、みなさんのブログを見られなかった事を、お許しください。
<(_ _)>


ぼのさん
サロマ湖を晴れた時に見てみたい、でもちょっと怖い。(^^;)
妄想でも走ろう北海道。 北海道を今後も宣伝していきますよ~
今後ともよろしくです。


アンプ犬 さん
ひざ壊しました。砂利道の登り辛いなぁ~ と、思っていたら、驚くほど逝っちゃいました。
ひざの中心と言うか全体というか、歩くのが辛いほどでしたねぇ。
とにかく、体重をのせたり、漕ぐ動作が辛かったです。
・・・・リベンジは忘れた頃にやってくる ・・・・かな。
by かべちょろ (2013-06-08 20:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。